対価

今回は対価についてお話したいと思います。

対価は対等である必要があります。
といってもこれだけでは解りませんよね。
では、詳しくお話ししていきましょう。

与える方も、貰う方も、大体同じぐらいである必要があります。

それはモノやお金、気持ちもそうです。
ついつい日本人は得にですが、
貰う事に慣れていない所があります。

お金について取り上げて見ると、
これだけした事に対してそれと同じ「対価」になるお金は貰っても悪い事ではありません。
ですが、貰いすぎももらわな過ぎも問題が生じてきます。

それは人間の徳もそう。
逆に悪い事でもそれに見合った対価は必要になってきます。

どういった事でも同じだけの対価を支払い貰う必要があります。
そうする事でいらない問題は起こらなくなります。

苦労した人が老後幸せになったり、
生前に不幸な人生を辿った著名人も死後にその対価が支払われ、
栄誉を与えられることもそれにあたります。

よく前世の罪が今世まで持ってきてしまい辛く苦しい時を過ごすという話を、
占い好きな方なら聞いた事があるのではないでしょうか。

これも対価を支払っているのです。

現在社会で言うと政府と国民もそう。
対等の対価を支払っていれば、国民は不平不満も起こらないでしょう。
貧乏でもそれだけの事をしてくれれば国民もそれに答える。

単純な事なのです。

貰い過ぎも支払い過ぎも駄目です。
貰わな過ぎも、支払わな過ぎも駄目。

対等である事。

それが「対価」です。

それはモノなのか、お金なのか、心なのか、どれなのかは問題ではありません。
それに見合ったものであればいいのです。

そうすれば心の平穏を得る事ができるでしょう。



何となく理解してもらえたかしら?

久しぶりの幸せの扉らしいテーマを書きました(笑)
待ってくれてた方々、お待たせしましたですね^^ヾ

今回の対価の話は普段によく生じる事ですから、
覚えておくととてもいいかも知れません。^^b


|

震災の皆様

震災の皆様のお心から光が消えないよう心より祈っています。

震災が起こってから今まで、

私のリピーターの方々からのメールや電話での対応をして参りました。

その中で感じているのは、
震災当時より今の状況の方が心が無になってしまっていると言う事。

当時は前向きにとにかく頑張らないとという気迫が先立っていたのが、
今も頑張らないとと思うも心がぽか~んと空虚に感じる状態になっていると言うことです。

これは大切な人を亡くした時よりも、しばらくしてから起こる事が多いでしょう。
私も大切な人を亡くして、しばらくしてから心が無になる事を感じました。
心が戻るまで時間が凄くかかりました。
数ヶ月ではなく、何年と言う単位でした。

今の震災にあわれた方には心のケアが一番必要な事なのだと痛感しています。

私の所に来られている方には私なりの対応が出来て居ますが、
そうでない方は、是非カウンセリングを受ける事をお勧めします。

また身近にそういう方が居られる方は、
どうか「がんばれ」とか言わずに、ただ聞いてあげてください。
そして自分はいつも側に居る事を伝えて上げてください。

どうか少しでも心の傷が癒されて行く事を、
私は願います。

|

マニュアル人生


暑くなってきましたね^^
今年の夏は海に子供と一緒にいきたいなぁとダイエットの毎日です(笑)
皆様如何お過ごしでしょう。

さて今回はマニュアル人生と題しました。
なぜこうしたかと言うと先行きを心配して不安になる方が多く居ます。
このままじゃいけないと思うけどどうすればいいかわからないという悩みを相談される方が最近多くなりました。
答えの出ない未来を見ては誰でも不安になります。
不安が大きくなれば身体が動かなくなります。
そうなる前に見えない答えを探さずに今出来る事をする事の大切さを思いましょう。

マニュアル人生はありません。

いつもいいますが、
正解の道(人生)はありません。
でも全てが正解の道なんです。

よく最近は「負け組」だの「勝ち組」だの人生において名前を付けていたりしますね。
私から言わせれば「負け組」というのは今頑張ってる最中の事を指しているとしか思いません。
本来負けも勝ちも人生あったもんじゃない。
自分が幸せだと、後悔しない生き方を出来たかどうか。
自分の足でちゃんと歩けたかどうか。
それが一番大切なんです。

「負け組」といわれるマニュアル人生でもその人にとっては充実した素敵な人生であるかもしれない。
「勝ち組」といわれるマニュアル人生でもその人にとっては心が満たされないもがき苦しんでいる人生かもしれない。

そう思えば「負け」も「勝ち」もありませんよね^^
だから、

マニュアル人生なんてものは無い。

オリジナル人生全てが気付かないだけで最高なのだと言う事。

人の言葉やメディアなど気にしすぎないで。
それよりも自分を信じてあげましょう。
自分を信じられないのは、人に左右されている証拠。
左右され過ぎると疲れ果て『無気力』になってしまいます。
そうニートや不登校、閉じこもりなどになりかねません。

でもねそうなってしまっても諦めないで。

一旦全てを拒否するのはまだ心を失っていない証拠。
自分自身を守るため癒す時間が必要だと無意識に欲している状態。

そして自分を取り戻すためにもがく時間なのです。

全て放棄して楽に逃げて、そこで心が荒んでいくようで実は癒されてるのです。
何故ならもうやだっ逃げたいっ楽したいっと思う心から
どうにかこの状況を変えたい何で出来ないんだ自分となっている時点で
それでも行動できずとも心が動き始めている証拠なんです。

もし親ならとにかく吐き出させましょう。
聞いてあげましょう。
自身なら自分の思いを洗いざらい出してみましょう。
話せる人が居ないなら相談できる場所で吐き出して見ましょう。
それも気が引けるなら紙でもいい、言葉でもいい、心の中でもいい。
想いを全て吐き出してみましょう。

するときっと今度は怒りの感情がうまれてくるかもしれまえせん。
それも爆発させちゃえばいい。
ここまでくれば心は動き始めます。

怒ってもいいんです。
あたってもいいんです。

不安とニートや閉じこもってしまった人の心と言うのは『あきらめ』で傷付きたくなくて自分を楽にするための防御に「心を無くす(感情を無くす)」します。

だから閉じこもる事に対して言うのではなく、安心できる場所を与えてあげる事がとても大事。
また自身なら安全と思える状態で心を休ませる事が大事。
そしてもがき始めた事を受け止めてあげる事が大事。
自身ならもがき始めたら自分という人間を出し切る事が大事。

マニュアル人生なんて無い。

見えない先は不安といい事なんて考えられるはずが無い。

だから今やれる事をやる事。
自分に出来る事をひとつひとつこなせばいい。
それから生まれる物は必ずあります。

自分を受け入れオリジナル人生を胸張って歩こう。ね^^


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「安心」


温かくなってきましたね^^
春の香りが漂い気分も温かくなりますね。

さて今回は「安心」です。

人間は何故怒り、何故泣き、何故笑うのでしょう。

全ての道に通ずるのが「安心」です。

安心が欲しいために怒り、安心が欲しいために泣き、安心がある時笑えるのです。
「愛情」で言えば愛されているという安心感が欲しいために満たされない時に満たされるために怒り、泣き、愛されていると心から思える時安心して心から笑えるのです。
「金」で言えばお金がなくて不安からそれが相手に怒りや苦しくて泣き、余裕があれば笑えるのです。

「安心」て大切ですよね。

人間の求める所は結局この「安心」感が欲しいのでしょう。
それを利用していい事も悪い事もしている人達は沢山居ます。

「愛情」面での話をしましょう。
この「愛情」への安心感は実は自分がどのような行動を取るかで回避できる事が出来ます。
心の言葉を素直に言えれば相手も解ってもらえる可能性がとても大きいと言うことです。
でも人は「愛情の安心」を得るためについつい遠回りをしてしまいます。
例えばこういってもらって「安心」を得たいために妬持ちをやかせてみようとか、試す言い方や誘導する言い方を考えて相手に話すことはすごくあることです。
ですがこうした答えに殆どの場合喧嘩になってしまうことが多い。
ただこういって欲しかっただけなのにと悲しみ怒り泣く事を経験した人は沢山居る事でしょう。

だったらどうすればいいか。
答えは簡単です。
「言わす」のではなくて素直に自分の心の言葉を相手に「伝える」のです。
ついつい「言わせたい」という思いに駆られがちですよね。
でも「言わす」なら「伝え」ないと相手には通じない物です。
漫画やドラマの世界のようにテレパシー的なことってなかなかないものです。
素直に自分の心を伝えた方が言ってもらいたかった言葉すんなりもらえたりするものです。
不思議な物ですね。

頭で考えて攻略した言葉というものは相手の心に届かない事が多い。

残念ながら全く伝わってなかったりそうさせたいという魂胆がみえみえだったりするものです。
そんな状態で欲しい言葉が返ってくることはありません。

プライドが許さないという人も中には居ますが、
そんな人を試すプライドなんて捨てた方がいい。
前にも書いたかもしれませんが、
プライドとはもっと自分の信念に使う事。
笑われることや自分が下に見られることを恐れるプライドはプライドなんかじゃない。
ただの「見栄」です。

見栄っ張りもそれを楽しめ受け止められるならいいでしょう。
でもただ笑われたり恐れる逃げのための見栄っ張りほどみっともない物はありません。

間違ったプライドや見栄っ張りにならないで。

素直に自分の心を伝えられるようになりましょう。
そこに「安心」は転がっています。^^

今日から少しづつ自分の心を口に出せる自分になりましょう。

                                                                                               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「助けて」


忙しさに更新を打ち切っていましたが、要望が多くまた始める事にしました。
更新がまちまちになるかもしれませんがご了承くださいね。


さて、今回の「助けて」ですが、
私は十数年占いをしていて何度かこの言葉に寝ていても起こされたり出かけていても帰ってきた事があります。
そしてそれでよかったと痛感する事を繰り返しています。

この言葉を耳にし鑑定依頼に来る方は大抵自殺前の人が殆どです。

最後の心の叫びを依頼者の守護神様が私を呼んでくださっているのでしょう。
優しすぎたり真面目すぎたり、また責任感が強い人が殆どです。
この世で本当の幸せを感じることができる人たちなのです。
自分を見失い見る方向性を間違えているだけの人たち。

それをうまく傷つけ自分を正当化しようとする間違えているのを解っていても正当化する人達が必ず近くにいます。
そういう人たちを見るたびに悔しくなります。
それが親だったり身近だったりすると尚更思いが深くなります。

そういう人達がうまく言葉に出来ない状況や性質を作り上げてしまう。

なんて悲しい事なんでしょうね。
それを人は出来てしまう。
逆に人に手を差し延べる事も人は出来、
温かさを送ることも人は出来る。

人はひとりでは決して生きていけない。

人は人を罰せられないし、
人は人を本当の意味で救う事は出来ません。

だけど手を差し延べることは出来る。

そこを忘れないで欲しい。
助ける事は出来なくても手を差し延べ温かさを知ることで人は自分自身を受け入れられる。

自分を救うのは自分自身だけです。

今まで何十人になる自殺前の人と話しました。
普通ならもっと違う場所に掛けるのに私のところに来たというのも不思議だと皆口を揃えて言います。
ですが全て自身を愛してくださる守護神様の導きです。

見失い自分という人間の価値を思い出すためにここに来るのです。

本当の思いを出し、そして受け入れられる事に気付いた時、
皆自身で光を見出します。

自分自身の力で。

そして今日もまた3年前に自殺を辞め自分のために生きようとした方からメールを頂きました。
全てのしがらみを清算し、自分の言葉を発する事が出来るようになったと、
今は生きていて良かったと心から思えるという言葉に涙が止まりませんでした。

自殺は確かに人から追い詰められその状況に追い込まれることが殆どです。
ですが一番の中枢には自分自身を自分自身が受け止めていない事も殆どです。

自分を受け止められていればそういう人の言葉に靡く必要も無い。
また自分の言葉を人に発する事が出来る。

人の中に自分の価値を見ているからこそなってしまう。

それは自殺という問題以外でも体験している人はすごく多い。

自分を出す事を恐れないで。
自分を信じることを止めないで。
自分の価値を他人の中に見ないで。

本当の自分をそのまま受け止めてくれる人は必ず居る。

でも本当の自分を出さなければ受け入れてくれる人も現れない。

そこを忘れないで欲しい。
私自身も今まで生きてきて2度自殺行為に走ったことがあります。
その時思った感情を今整理するときっと人に自分を解って貰いたかったんだと思う。
もうひとつは自分自身の間違いに正当化させるためだったと思う。

でもそれは結局私自身も人の中に評価を求めていた証だったんですよね。

人は間違いや失敗、追い詰められたり苦しみ辛さを味わって初めて自分と向き合える事を、
荒れ狂う今までの人生の中で学びました。

でも人は向き合うことを諦めない限り自分の中の答えを見出し、
自分と向き合うことに逃げない限り成長し強くなれる。

ひとつの答えを出すのに直に出せる事もあれば何年越しに出せる物もある。
私も14年掛かった答えを見つけたことがあります。
何の気なしに考えた時に解った本当の自分。
車の中でした。
涙が止まりませんでした。
内容はここでははっきりとは言えませんが、死んだ彼の事でした。

時というのも大切です。
時間を掛けて違う経験を沢山してそして見つける答えもある。

だから見つからないからと苦しむんではなく、
そういう時は時の流れに身を任せましょう。

頑張り過ぎなくていいんです。
踏ん張る時は踏ん張ってそれ以外はゆっくりと時に身を任せばいいんです。

自ずと時くれば見えるものがあります。

「焦」らないで。


きっと時はあなたに味方してくれますからね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

守護霊様が怒ってる


風も少し冷たくなってきましたね。
皆様風邪はひかれていませんか?



さて、今回は題名のまま「守護霊様が怒ってる」です。
実は最近悩みによくこう書かれている人がすごく増えています。
それですごく恐れていたり、見放されたと思いを巡らしている方が多く、
ここでこの話を取り上げてみようと思います。


「私がこんだけ怠けているから」
「私がこんだけ逃げているから」
「私がいつまでもこんなんだから」
と、自分を責めて落ち込んでいらっしゃる方が最近よく書かれているのですが、
これもひとつ霊に対しての恐怖を煽った番組や雑誌も多いせいなんだろうなぁ。。と少し悲しく思います。
まぁそれは置いておいて、
守護神様はそんなに簡単に見放す事はありません。
むしろそう言う状況も考慮していると思う方が正しい。
そこでどう考えどう進むかをある程度予測しながら準備していると言ってもいいかもしれない。
だから「怒ってるかも」と思うときは逆に自分と向き合うときと考えるといい。
守護神様守護霊様は誰もが愛しく思い、気に掛けてくれている事か。
怒るより、悲しむと思った方が正解でしょう。
また、「怒ってる」と思う時点で、自分の中に後ろめたさが隠されている。
そこと向き合う時期に来ているんだと思えば良い。
それはさっきも言ったように「自分と向き合う時期」に来ていると思う事。
そうすればもっとまっすぐに真実が見えてくるはずです。


「私には守護神様はついていないから」という方もいますが、
そんなことはありません。
みんなについています。
誰もが守られています。
だからもっと自分を大切にし、信じればいい。


さぁ、一度守護神様守護霊様に感謝を述べましょう。
「いつもありがとうございます、守ってくれて、導いてくれて・・」
それだけでより一層あなたを守ってくれますよ。
心より感謝を述べる事忘れないようにしましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友達の順位


夏休みも終わりに近づいてきましたね。
海や山と、皆様夏を楽しまれましたか?
私は今年は海と川によく行きました^^〃
沢山のエネルギーを吸収できて本当に気持がいいものです。
自然に触れ合う努力は必ずするといいですよ。
気付かないうちにパワーを貰っていますから。


さて、今回のお話は「友達の順位」です。
あぅっ、実はつけてる・・って人結構居るんじゃないでしょうか?
紐解いていきましょう。


「友達の順位」はどうやってつけてますか?
自分の気に入られたい順。ある意味強い順ですかね。
じゃぁ逆に低い順位の人たちはどういう理由で低いのですか?


そう聞かれて考えて少し後ろめたくなる人は大丈夫です。
それが正常です。


自分の価値は人によって決められません。
自分の価値は自分が決めるのです。
自分の友達がこんな凄い奴だから、強い奴だから等・・・なんかで自分の価値は上がることはありません。
そうですね、そう言う人は相手からも順位を付けられています。


本当の友達が居ない。自分の本当に気に掛けてくれる友達が居ない。はみごにされるか心配で仕方が無い・・など思っている方程友達に順位を付けていませんか?
自分に自信がないから回りのアクセサリーで自分を強く良い立場に居ようともがいてませんか?


本当に自分を思ってくれる友達。自分を解ってくれる友達と言うのはどんな時でもどんな自分でも受け入れてくれて、「流して」くれます。
離れても少しも気に掛けることは必要ないんです。


じゃどうすれば・・?って話になりますね。
それはね、あなた自身を全て出す事です。あなたらしさをそのままに。「自然」に。
無理した仮面を被った自分でない自分です。
すると本当にあなたを見てくれる人だけが残ります。
また誰も居なくなったとしてもそう言う人が寄ってきます。
順位を付けている限りそういう人は寄っては着てくれないでしょう。


自分をそのままに出すという事はそれは前回お話した「見栄」に繋がります。
そう、この「見栄」がどんなに自分を醜くしているかもう解りますね。
無理しない事がどんなに大切かを自分を作らない事がどんなに大切かと言う事をもう一度考えてみてください。


ここで少し子持ちの親の方は特に考えていただきたい。
その子本来の姿を受け入れてあげていますか?
無理に閉じ込めていませんか?
「しつけ」と表して。


この「見栄」がなくなると友達の順位もなくなります。
すると楽で明るい周囲に気付くはず。
今まで順位が低かった人が逆にとても大切な人だったなんて気付く人もいるかもしれません。


でもこれもやはり自分改革ですから一昼夜で直る事はまず無いです。
でも気に掛けることは出来ます。
もし順位を付けたら「ああ、またやってしまった」と思って次にはしないように気をつけていく、その繰り返しが自分を知らずと変えていけるのです。
たまに相談で「いつになったら?」と聞かれる人が居ますが、これは全て本人次第なんですね。
だけどこの悩みにぶち当たった人は皆変化の時期に来ているので辛いだろうけど先はとても明るい。
ここで考えるのをやめたり逃げに周ったり、あきらめたりすると苦しみはずーっと続きます。
ですからあきらめないで明るい未来が来る事を信じて前へ進んでください。
大丈夫、乗り越えられる人以外はそんな試練与えられませんから。


少し自分と向き合う気になったなら嬉しく思います。
さぁ夏も後少し、楽しみましょうね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見栄


今月は忙しくプログを書くのがもう終わりになってしまいました。
やっと良い天気にも恵まれ夏らしくなってきましたね。


災害に苦しむ皆様に救いの手がある事を心よりお祈り申し上げます。


さて、今回は私は「利己」をよく「見栄」と例えます。
その「見栄(利己)」の話をしましょう。


実は私もこれに随分とお世話になりました。(笑)
そしてこれが私の最初の自分自身に気付く、変わる、最初の工程でした。^^


「友達や、人と会うのがおっくう、または嫌」
「自分が傷つくのが怖い」


少しでも思い当たるならあなたもきっと「見栄」にごやっかいになっていることでしょう。
自分がした事で何か言われるかドキドキしたりというのありませんか?
悪いことしてないのに、こうしかしようがなくてやっているだけなのに「怒られるんじゃないか」って恐怖に人の眼が気になったりしたことがありませんか?
もしかしたら買い物するのに例えば本だったらレジの店員はこんな本買ってるよって思ってるんじゃないかとか人の眼が考えが気になったりしたことはありませんか?
もちろん例外で男で「エロ本」を女店員に出す時はドキドキするかもしれません。(笑)
そういうんじゃなく普段でです。
こんな事聞いたら馬鹿にされるんじゃないか?
こんな事言ったら舐められるんじゃないか?
自分の立場が弱いポジションになりたくないっ。
思っても無いけどこう言っておこう。
なんてことも経験している人も多く居るんじゃないかしら?


私も人の事はいえません。
実際にそうでした。
そう言う人は結局自己評価が低いって前にも言った話になってしまうんだけど、
そこに辿り着く前に私は気付いた事。
それは全て自分の中の「見栄」が邪魔した事だってことでした。
「見栄」というのはある時は「プライド」にある時は「利己」に変身します。
自分は人にこう見られていたい。
自分はこんなに○○なのに、なんで解ってくれないんだ。
○○には例えば「いい人」、「頭が良い」、「がんばってる」、「優しい」、「できる人間」etc・・・
でも実際は人は誰も「君は本当に○○だね」なんて言ってくれず、
逆に正反対の言葉が○○に入って返ってくる事だってある。
そして傷つく。
なぜ解ってくれないんだ。
どうして?



さぁ、ここで考えてみましょう。
人が言うからあなたは「いい人」なんですか?
人が言うからあなたは「優しい人」なんですか?
人が言うからあなたは「頑張り屋」なんですか?



違いますよね。
人にそう言わせたい、思わせたいからがんばっていませんか?



頑張れば頑張るほど悪循環。
そして傷口は大きくなっていく。
最後には人に会うのも仕事や学校に行くのも嫌になってしまうかもしれません。


ではどうすればいいでしょう?


答えは簡単です。
「ありのままの自分でいればいい」
それだけです。^^ゞ


こんな簡単な事が人はなかなか出来ないんです。
出来ない状況を作り出してきているところももちろんありますが、
でも「見栄」がなくなればそういう環境も気にならなくなっていきます。
それは良い回転を起こし自分の周りにはそう思えるような自分を普通に出していても付き合える人達が寄ってくるんです。不思議なものですね。


そんな事言ってもすぐにできないよ!
と思うのも当然。すぐになんて無理です。不可能です。
だってそれまでの自分を全て否定し変えるんですから。
何度も「見栄」の機会は訪れます。
その都度頭で心で言い聞かすんです。
もちろん最初の頃は言ったり行動を取った後に気付くでしょう。
でも「気付く」事が大事なんです。
そこで「ああ、またやっちゃったな、こういう時はほんとの自分はこう言うだろう、こう行動するだろう」と頭や心で考えます。それが次に繋がっていくんです。
そして時が過ぎれば言葉や行動に起こす前に気付いてきます。
最後には自然に自分を出せるようになるでしょう。
ここまでくればしめたものです。^^ゞ


結局、「見栄」が自分を自分で苦しめ傷つけているんですね。
誰も傷つけてないんです。
自分が自分を傷つけているんです。


もちろん人からナイフの言葉が来る事もたまにあります。
でも実際にはその人はそこまで思っていないことが殆ど。
だけどこういう時は立ち直るのに時間が掛かるかもしれません。
そう言うときはどうすればいい?
それは皆に言っちゃうんです。^^
こんなに言われて傷ついた事を沢山しゃべっちゃいましょう。
すると時が癒してくれます。


さて、喋る事。これって実は本当に大切。
特に女性はそうかな。
心の中で言葉や思いを残すと膨らんでいきます。
外に出すとそれ以上膨らみません。
もしも言える人がいないなら紙に書き捲くっちゃいましょう。
そしてすっきりするまで書き捲くるんです。
悪口だっていいんですよ。
すっきりするまで書いて、書き終えたら一息深呼吸して破り捨てちゃいましょう。
外に出してやる事、これが大事なんです。



「見栄」は結局「利己」をどこかで目的にしていたり、
「プライド」という自分保護を目的にしていたりします。
いいプライドや負けん気はいいんですよ。
だけど大方は「見栄」に入るでしょうね。
「見栄」をはらなくなれば解る本当に自分のここだけは誰にも何も言わせないと思う部分。
それが本当の「プライド」なんですね。


さて、今回は少し難しかったかな?
でも皆さんにも実は一番初めに自分を見つめ直す時に考えてもらいたい事でもあります。
もっと文字として伝えたいのですが、それはまた今度お話しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝陽


梅雨に入り夏の緑の匂いが強くなってきましたね^-^〃


今回は自然の力の話になります。
自然の恵みや力が私達の源になっていることは皆さんよくご存知だと思います。
また自分達を守ってくれる大切なものだと言う事もよく知っていますよね。


では文明は全てダメなんでしょうか?
それはそれでまた違いますよね。
文明そのものは自分の母を楽にするために開発されたものが結構存在するそうです。
母を想う心って尊いですよね。
また今は便利だからこそ余裕が持てる利点も沢山あります。
そしてある程度の便利や余裕が出来たからこそ今の時代があるんですよね。


何が言いたいか?ですか?
発展途上国が行き着く先を考えてみてください。
そこそこ暮らしも全て便利になりました。
文明が栄えある程度安定すると戦争というものが少し距離を置きました。
そして気づくと自然がやばい。
急いで自然環境の保護に努め努力しはじめました。
でも文明も止められない。
文明もある程度来たから今がある。


ならどうしたらいいか。
「共存」です。
どうしたら共に生きていけるか考える事なんですよね。
それはイコール自分達の幸せにもなるんですよね。^^〃


幸せじゃないよって言う人は気づいていないだけなんです。
幸せはやってくるもんじゃない。今あるそれに気づく事なんです。


さて最後にタイトルにもした「朝陽」です。
朝の太陽はエネルギーがいーっぱい詰まってます。
昼じゃなく朝の太陽です。
体中を温かく包み込んでくれます。
エネルギーの補充しているようにね。
それを感じてみてください。
何だか幸せな安堵感が感じられるはず。


もしも感じないなら自分の中で何かわだかまりや悩み事がありませんか?
そんな時でも朝の太陽の下で深呼吸するだけでも随分と違います。
あなたを浄化してくれます。^^〃
だからできるだけ朝の太陽を浴びるようにしましょう。
そして朝の空気を家へと送り込んであげましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近・・


温かくなってきましたね。^-^
気分も晴やかになっていきますね♪


今回は少し雑談です。


最近鑑定メールやお礼メールを下さる中でよく目にするようになった事があります。
それは「江原さん」という言葉です。
私自身今までこういう番組をあまり見ないのですが、
あまりに最近多いので本屋でひとつ買ってみました。
そして凄く驚きました。
私の考えと凄く似て居る事に。(笑)


そして私の中で結論。
結局それぞれの試練等の答えの行き着く先は同じなんだなと。
またこの人も私と同じで人に光を与えたい、それが使命なんだなと解釈したんだなと。
それとこの人までの霊感は私にはありません。
ですが伝える事見える事が出来る人と、感じる事でその手段をどうすれば聞くことが出来るか
(私はそれがタロットだったんですね)、それが違うだけなのでしょうが、結局、前にも話しましたが若かれ老いかれその試練をひとよりも超えて来た場数によるんだなと感じました。
この江原さんと言う人もきっと前世からずーっと魂を磨かれそして今そういう所まで達したんだと思います。
人間誰しも行き着く事が出来るんです。


この占いという看板をあげているのに関わらず、
最近になって自分を呼ぶ声にやっと気づき始めました。
今まで聞こえなかった声です。
凄く驚きました。
とても穏やかで神秘的な声でした。
これも笑えるのがスーパーの中です。(笑)
家族と少し離れた場所に居て、それで自分の好きな商品を見ている時でした。^^ゞ
自分の名を呼ぶ声にハッとして振返ったけど誰も居ない。
ただ女性とも男性とも判別付け難い声でした。
だけど感じる事は出来ました。
それは自分を守る誰かだと言う事。
江原さんの様にそこまでの能力がある人には誰かを判別できるのでしょうが私にはそこまで判別はできません。
ですが改めて自分が守られてる事を有り難く、そして幸せに感じました。


幼い頃から不思議な体験をしてきましたがこれが一番嬉しい体験でした。
そう言えば不思議体験の話をしていませんでしたね。
雑談ついでに少し話を聞いてくださいね。


そうですね、何から話しましょう。
私は幼い頃から祖母が毎日朝夕欠かさずお経をあげていました。
それを見様見真似で私も一緒にあげていました。
そしてある日気づいたんです。
拝む掌に圧力を感じるんです。
これが「気」だという事が解ったのはすごく後の事ですが・・。
この圧力がまた球のようなモノで押すと跳ね返る弾力が面白くてしょっ中遊んでいました。(笑)
これが何か神秘的に感じて家で作っている花の落ちた花をひらってその中に入れたりしました。
すると少しだけですが花が生き返るんです。嘘のような本当の話です。^^ゞ
でもこの頃は誰にでも出来ると思っていました。
だけれど、今はやった事無いので解りませんが、今はお経をあげていないだけに出来ないかもしれませんね^^;


また私は幼い頃から動機を感じる事がたまにあります。
これは他人が感じている動機だったと大人になって解ったんですが、
とにかくあれ?なんでこんなに動機がするんだろうと思ったら
行った先で絶対に何かが起こりました。
また相手がどうしようっと焦っていました。
これを幾度も繰り返しているにも関わらず自分にその頃はまだ自信がなくて自分の能力を信じていませんでした。


歌い文句の様に掛かれている彼氏の死で私は自分の能力が本物だとはっきりしたんですね。
その瞬間から凄く怖くなって自分が受け付けなくなったんです。
すると不思議なものです。
浮遊霊さえ見えなくなりました。
ただ、彼の霊のドップラー現象を体験し、霊の存在を認めた瞬間からまた一気に開花したんです。
でもまだはじめの頃は恐怖の方が先に立って自分の能力を怨んだり、感じたくないと思う心はありました。
きっと怖い霊もある事を敏感に察知していたのかもしれません。
今でもそんな霊の存在を知っただけに恐怖は残っています。
占い師としては失格なのかもしれませんが、でもだからこそ闇に埋もれてる人を何とか助け出したいという気持にもなったというのもあります。


また私自身身の上をあまり話していませんでしたがこれも今回語りましょう。
なんと何を隠そう幼稚園から社会に出てからまで「いじめ」にあっていました。
結局それが私の試練だったんですね。
きっとこの世に生まれて一番重要課題とされた試練だったんだと思います。
またこの能力があるからこそ下級霊や色んな悩める人の対象になってしまったんだなって今は思います。
そして自分の中の足りない部分をそこで勉強したんだなってつくづく感じます。
今では「あなたがいじめてたんでしょ?!」ぐらいな人の反応に苦笑いをする始末です。(笑)


だから今悩める人を心底救いたいと思います。
また今の「閉じこもり」や「自殺願望」や「子育てノイローゼのママ」、悩める人の気持が痛いほど解ります。
恋愛でも色んな辛い経験もしました。また人間関係は「いじめ」でも物語っているようにずーっと辛い経験をしてきました。
でも今は違います。はっきりと今「幸せです」と私はいえます。
また「私は私自身を凄く愛しい」と言えます。
それが身近にある幸せを感じる事が出来ると言う事を身体で感じます。


だからこそ、悩める人に前を見れる勇気を与えたい。
だからこそ、警告を発している人にそれを伝えてあげたい、と、思うんですね。
でもだから私の占いは厳しいんです。
前にも話したかもしれませんが、悩んでここに辿り着いた人は人生の門出に立っている人が殆どなんですね。
なので良い結果と言うのはなかなか望めない。
良い結果が出た時心底嬉しく思うもの。><
でもそこでこう行けばいいという誘導が私の使命だって思ってるんですね。
きっと何万というほどの占い師が居る中で私と同じ思いを感じている人も沢山いると思います。
ただ悪徳も多いのがこの世の中。
それが本当に悔しいですね。


さぁ、今回雑談兼ねて自分の生い立ちまで語ってしまいました。^^
少し恥ずかしい気持もありますが(笑)
今回は心軽くして読んで頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

リラックス方法 | 幸せの扉 | 羽めぃる情報